• Games
    マカオのカジノ運営会社、中国の汚職取り締まりに苦戦

    マカオ最大のカジノ運営会社の収益は、中国最高指導者、習近平の該当地域における汚職の取り締まりにより、今年前半で40%減少した。 カジノの合計収益額は50億ドル以上であった昨年の同期の収益額を下回る、30億ドルをわずかに超えた額であると報告された。中国本土からのVIPギャンブラーは、新たな汚職対策措置のためこの地域を避けており、この傾向はしばらく続くものとみられている。 マカオ政府はこの影響に対する対策として、本土からの訪問者に対するビザの規制緩和を行い、現在提案中の禁煙法の緩和も協議されている。さらに、カジノ運営会社の多くは、ギャラクシー・マカオカジノリゾートの32億ドルの新たなエンターテイメント及びショッピング施設の拡張を含め、サービス拡大を計画している。

  • Games
    カジノ法案が国会に提出され、日本でのギャンブル合法化が近づく

    維新の党、次世代の党、与党自民党の代表を含む議員達の支持を受け、この法案は8月の国会終了までに協議・可決される予定である。 この法案が承認されると、予想歳入額がマカオと米国に次ぐ、世界第3規模のギャンブル業界が誕生すると見込まれている。 日本政府の調査によると、既に安倍晋三総理大臣の支持を受けているこのカジノ法案は、年間約4百億ドルの追加歳入が見込まれている。 カジノ賛成派の熱意にも関わらず、この法案は安倍総理の自民党と連立政権を共にする、仏教徒に支持されている公明党から強い批判を受けた。 総合型リゾートの日本の地方自治体への影響やギャンブル依存症への懸念が、公明党員のこの訪販絵の賛成拒否の理由であった。

  • Games
    バットマンのカジノ

    バットマンと共にゴッサムシティの遊覧飛行、アジアで一番高い観覧車、ワンダーウーマンスタイルのゴーカートがすべて1件のリゾートで。 メルコ・クラウン・エンターテイメントが中国、マカオに建設中のハリウッドモチーフの最新ギャンブル・エンターテイメントコンプレックスの詳細を公開しました。 この5件目のリゾートは、ワーナーブラザースやDCコミックのキャラクターアクションで溢れた30,000平方フィート(2787.1平方メートル)の「プレイセンター」を含め、大人も子供も楽しめる様々なアクティビティが揃っています。 ローレンス・ホーが最新カジノの計画を明らかにしました。 425フィート(129.54メートル)を超えアジアで最も高い観覧車となるゴールデンアイは、スタジオシティのプレミアアトラクションです。まるで回転している目玉のように、リゾートホテルのツインタワーの間に建設される予定です。 大人は、スペインのイビサに拠点を置く国際ナイトクラブフランチャイズのパチャで、一味違うスタジオシティが楽しめます。このリゾートには「多種多様な世界の一流レストランやカフェ、バー」を含む、30件以上の飲食店が入る予定です。 また、常識を超えたリゾートで有名なメルコ・クラウンは、最新リゾートのCM出演者にハリウッドのA級スター、レオナルド・ディカプリオやロバート・デ・ニーロを挙げました。 香港からフェリーでたった1時間のマカオは、豪華カジノや盛んな接客業で知られています。しかし、2015年半ばにオープン予定のスタジオシティは、この元ポルトガル領の島にあらゆる年齢の観光客を呼び寄せることを目的としています。

  • Games
    オーストラリアのカジノ運営業者に中国の組織犯罪の警告

    アジア人VIPギャンブラー向けのオーストラリアのカジノが、数多くの警察やセキュリティ専門家による組織犯罪に対する深刻なリスクに関する傾向を受けました。 カジノは一度に数十万ドルを賭けるアジア人ハイローラーの来客を願っています。クラウンはVIPプレイヤーのみを対象とした6つ星ホテルとカジノコンプレックスの建設が承認されたばかりでした。 現在アジア人ハイローラーの拠点であるマカオでは、ギャンブラーはジャンケットと呼ばれる仲介業者を通して呼び込まれ、ジャンケットがハイローラーの発見と輸送、ギャンブラーへのクレジットの発行を担っています。 しかし、近年ジャンケット業者と組織犯罪の結びつきが明らかになっており、恐らくジャンケットがこの結びつきをオーストラリアにもたらすものと見られています。中国から持ち出せる資金は法により制限されており、そのためギャンブラーはクレジットを使用するしかありません。その結果、違法行為の多くは負債の回収に関連しています。

  • Games
    カジノは日本で無難か?

    日本の安倍晋三総理大臣の「アベノミクス」プログラムは、輸出の再活性化と一般消費の増加で日本に継続的な経済成長を取り戻すことを約束しました。 そして日本で現在少なくとも1つ過去にない勢いで成長を遂げている業界があります。観光業界です。昨年、1千30万人以上が日本を訪れ、毎月記録を更新している状態です。 超党派国会議員連盟の国際観光産業振興議員連盟は昨年12月、日本におけるカジノ設立を求める初の法案を提出しました。安倍総理大臣の個人的な支援により、法案は可決される見通しにあります。 野党結いの党政調会長の柿沢未途氏は次のように述べました。「総合型リゾートにカジノを設立すれば、非常に巨額の歳入が得られます。これはラスベガスやマカオ、シンガポールのカジノの成功例に見られます。」 MGM、Caesars、Las Vegas Sands等の国際カジノ運営会社が日本への大規模投資の可能性を思案しています。例えばMGMは、既に東京におけるカジノの開設可能な場所を検討しています。

  • 特集
    日本から依然経済的後れをとる韓国

    サムスン電子や現代自動車は日本に対抗し得るに十分強力といえるものの、ある調査によれば、韓国の経済力は概して日本の経済力に遠く及ばない。 8月18日韓国の全国経済人連合会(KFI)が発表した総計は両国の経済格差を例証する結果となった。昨年度の韓国のGDP総額が1兆2,200億米ドルであったのに対し、日本はおよそ1四半期で4兆9,000億米ドルであった。 韓国と日本の全体的な競争力格差において、ざっと3または4倍の差が示された。韓国は、企業の国際的競争力基準である世界輸出市場シェアにおいて64品目が第1位を占めたが、日本は231品目であった。 韓国の人口5,000万人は、日本の1億2,700万人よりはるかに少ないものである。 韓国の大手企業は、日本企業と互角の競争力水準を持つ。電子工学部門では、サムスン電子が昨年日本の首位電子工学企業パナソニックの3倍の売上高に達し、純売上高に対する営業利益率にいたっては4倍を超える結果となった。自動車産業においては、現代自動車が同じく純売上高に対する営業利益率においてトヨタをリードした。

  • 特集
    アジア市場

    全体的なカジノ関連銘柄の下落に伴い、香港株は先日の木曜日にここ2週間で最も低い清算値を記録しました。 香港ハンセン株価指数はマイナス0.8%の24,387.56となり、これは2日連続の損失です。 中でもマカオでカジノを経営するギャラクシー エンターテイメント は6.4%、ライバル社・サンズ・チャイナも5.8%の下落となりました。両銘柄共にインデックスに影響を及ぼしますが、先日両社では従業員による支払い・ベネフィットへの抗議、さらに今週はマカオでの低いギャンブル収益が原因となり、このセクターでは苦戦続きとなっています。 他にもこのセクターで下落した銘柄としてはウィン・マカオ(7.6%)、MGMチャイナ・ホールディングス(6.3%)、メルコ・クラウン・エンターテインメント(4.8%)、そしてSJMホールディングス(3.4%)があります。 ロンドンに拠点を置くスタンダードチャータード銀行では、マネーロンダリングを統括するため、イギリスの銀行がアメリカの統括機関によってペナルティを課される可能性があるとの見解に伴い0.8%の下落となりました。 他のアジア市場を見てみますと、世界でも有数な年金基金の銘柄である日本の年金積立金管理運用独立行政法人が、国内株の割り当てで2割以上もの増加を予定しているというロイターからの報告を受け、東京市場では日経平均株価が5期連続の下落に歯止めをかけ0.5%上昇しました。 もっと広範な東証株価指数(TOPIX)では0.6%上昇、その一方で水曜日には1ドルに付き102.11円から102.32円の円安となりました。 その他のアジア市場では韓国総合株価指数(KOSPI)が0.3%、中国本土の上海総合指数が1.3%の下落となりました。

  • Film and TV
    ハリー・ポッターの開発チームはフランチャイズの行き先に大きな計画を策定

    実際、J・K・ローリングの愛される本と映画のシリーズはユニバーサル・スタジオ・フロリダでの「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」、日本のUSJでは同名で類似したアトラクションの新設により、今日に再び関心が寄せられるトレンドにあります。 ワーナー・ブラザーズ・エンターテインメントでは「ハリー・ポッターブランドや付属事業のために高いレベルでの戦略的ビジョン」という目標の構築と遂行に向け、ロンドンやバーバンクを拠点にする「ハリー・ポッター・グローバル・フランチャイズ開発チーム」が作られたと数多く報告されています。 この最新ニュースを見れば続編映画の「幻の動物とその生息地」など、ハリー・ポッターのフランチャイズで何が起きており、どうような方向に向かうのかを伺うことができます。 観光客は既にユニバーサル・スタジオ・フロリダやジャパンで「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」をお楽しみいただけます。他にもロンドンではワーナー・ブラザース・スタジオ・ツアーの「メイキング・オブ・ハリー・ポッター」が開催、さらにこのイギリスの地ではハリー・ポッターの若い頃(暫定)をテーマにした舞台も予定されています。

  • 特集
    Caesars、日本のカジノに50億ドルの投資準備

    「一般的に債券市場からかなりの割合を占める資金を供給することができます。」とGary Loveman最高経営責任者が述べており、Caesarsは「東京でのワールドクラスの施設に対して何ら問題なく資金調達を行うことになります。」 Caesars、Las Vegas Sands Corp.そしてMGM Resorts Internationalは、マカオに次ぐアジア最大規模のアジアの市場になると予測されるリゾート建設のために数十億ドルの資金を支出することを約束したグローバルなギャンブル事業者です。そうしたプロジェクトは、生み出されるキャッシュフローに基づいて資金が供給され、Caesarsを含む事業者は資金調達に問題がないと想定していることを意味していると、昨日東京でインタビューを受けたLoveman氏は語っていました。 カジノに対する金融市場は強いとLoveman氏は述べており、「私は数十の案件に資金供給を行ってきており、カジノ金融市場は非常に強いものです。」と彼は述べていました。 日本の国会議員は10年にわたる審議の後に、今月、世界第3位の経済大国におけるカジノ合法化に向けた法案の審議を始めました。法案は昨年の12月に提出されました。 Caesarsは株式会社フジテレビジョンや鹿島建設株式会社、三井不動産株式会社を含む日本企業とカジノ提携に関する協議を行ったとCaesarsの国際開発事業担当社長のSteven Tight氏は昨日のインタビューで述べていました。 香港を拠点とする証券企業のCLSA Ltdから見通しによれば、日本のカジノ市場は2025年までには400億ドル規模の価値になる可能性があると言われています。

  • 法制
    日本でのカジノ合法化計画の発表に伴いカジノ関連株が上昇

    日本国総理大臣・安倍晋三氏がギャンブル合法化法案通過の意向を示したことにより、大半の大手カジノグループ株が一晩で上昇する傾向が見られました。 安部総理大臣は、ギャンブルの合法化が2020年東京オリンピック前に観光事業の活性化に繋がるものだと期待します。 地域社会への投資と貢献を行うことで観光事業は発展し、停滞する日本経済の活性化に繋がります。 この法案が通過するのあれば、既にラスベガス・サンズ(LVS)やMGMリゾーツ・インターナショナル(MGM)などカジノ産業の大手企業は強い関心を示しており、何十億ドルという巨額な投資が行われます。 ここ15から20年の間に経済成長が大幅な低下を見せる日本経済は、近年の年間成長で言えば4%からわずか0.17%へと落ち込み、2015年度の成長見込みではG7の中で最下位に位置します。 このギャンブルを合法化するための法案は、2014年8月に予定された次回の国会で投票が行われます。 カジノ合法化のニュースに伴い上昇したその他のカジノ関連株は、メルコ・クラウン・エンターテインメント(MPEL)、ウィン・リゾート(WYNN)、シーザーズ・エンターテインメント(CZR)です。

  • iOS
    モバイルゲーム「Sword & Poker」の最新作がシンガポールで先行配信

    RPGタイプのゲーム進行とポーカータイプのゲームプレイが組み合わさった「Sword & Poker」シリーズは、ここ数年で上り下りが激しい動きを見せるゲームです。 2010年1月に初めて配信されたこのモバイルゲームは立て続けに「Sword & Poker 2」が出るほどの人気を呼び、1、2作目共にApp Storeから入手可能でした。 その後はあいにく市場で話題を呼ぶ・呼ばないを数回繰り返し、2013年を最後に話題になることはありませんでした。このゲームは2010年の登場以来アップデートされていません。 コナミが開発するこのゲームシリーズは、今回「Swords & Poker Adventures」という新しいタイトルになって間もなく全世界で配信されます。 現在はシンガポールのみでの先行配信となっており、ゲーム開発者はどのようにしてこのゲームを改善していくことができるのか、ユーザーからの意見を寄せ集めています。 このゲームは6月初めにApple開催のワールドワイドデベロッパーズカンファレンス(WWDC)で公開され、専門家はいち早くその内容を知ることができました。 この時に「Swords &...

  • 法制
    カンボジア政府はオンラインギャンブル規制を検討

    マカオやアメリカからのギャンブラーを引き寄せようとするカンボジア政府は、当国のギャンブル規制で様々な変更を検討しています。 経済省・財務省に属するゲーミングおよびカジノ部の広報担当官は、当政府はより厳格で明白な規制を打ち立てていると発表しました。これは、現在不法のオンラインギャンブル業界で規制を強化することが目的です。 広報担当官のロス・フィレン氏は次のように語ります。「現在、当政府は規模の大きなカジノ運営者が関心を引くようなカジノ法案を立案中です。現時点でオンラインギャンブルを許可することはありませんが、検討中の段階にあります」この法案は、早ければ年内に成立する見込みです。 現在、カンボジア内でのオンラインギャンブルは違法ですが、地方自治体から黙認され、数多くのカジノによって提供されるオンラインギャンブル場所が存在します。当国のオンラインギャンブル市場がどれほどの規模であるかは不明ですが、規制のないギャンブルは金銭を巡る犯罪を引き起こすリスクがあるため、規制による統括はとても重要になります。 マカオに拠点を置くゲームコンサルタント会社のIGamiXで業務執行役員を務めるベン・リー氏は、規制の改善は投資を活性化させ、多くの職を生むとの見解を示し、「現在、当国にはポテンシャル、ならびに高い投資を生み出す可能性があります。ただ、この可能性を生むにはより良い規制が必要です」と語ります。